公的な資格であれ、民間資格であれ、“資格でキャリアアップのチャンスを”と考えている人は多いでしょう。職場で優遇されたり、資格手当が付いたりすれば、働く意欲は2倍3倍になるのは当然です。管理業務主任者もそのひとつ。マンション管理の専門知識を習得し、国家試験に合格すると「管理業務主任者」資格が得られます。マンション管理会社に勤務している人はキャリアアップのために。これから就職や転職を考えている人はステップアップのために、ぜひとも挑戦して欲しい資格です。マンション管理士も同じような種類の国家資格ですが、企業に勤めて資格を活かすのであれば、管理業務主任者がお勧めです。試験のことや合格率など、さまざまなテーマでお話しします。

管理業務主任者試験とは?

不動産分野の国家資格のひとつ「管理業務主任者」。不動産分野の国家資格と言えば、受験者数が多い「宅地建物取引主任者」が人気!? ですが、管理業務主任者はマンション管理の専門知識が必要な資格。宅地建物取引主任者が不動産会社で働く際に必要な資格であれば、マンション管理会社で働く人に必要なのが管理業務主任者です。

不動産の売買に立ち会うわけではなく、マンション管理で能力を発揮します。職場でのキャリアアップには欠かせません。就職前に管理業務主任者の資格が取れればベストですが、働き始めてからでも遅くはありません。というか、ぜひ取得を目指すべきです。

管理業務主任者試験は、国土交通大臣より指定試験機関として承認を受けた「社団法人 高層住宅管理業協会」が実施します(http://www.kanrikyo.or.jp/)。毎年12月の第1日曜日が試験日ですから、ここに照準を合わせて準備しましょう。

受験資格はありません。
業務管理主任者試験は、受験資格がありません。年齢・性別・学歴などの制限が特にないのです。ただし、試験に合格しても、以下の条件等をクリアしなければ登録は受け付けてもらえません。「マンションの管理の適正化の推進に関する法律の規定により、管理事務に関して2年間以上の実務の経験を有する」などの一定の要件です。

試験日は12月の第1日曜日。午後1時から3時までの2時間。

管理業務主任者試験は全国各地で行われます。
2010年度実績ですが、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇の計8地域で試験が実施されました。     

管理業務主任者試験は5つの分野から出題されます。
1. 管理事務の委託契約に関すること。
2. 管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること。
3. 建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること。
4. マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること。
5. 前各号に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること。


・口コミ情報で好評を博している通信講座はこちらから ⇒http://www.foresight.jp/mankan/